プロフィールビデオと結婚式

プロフィールビデオの制作過程を学びます

無垢フローリングの利用

Written By: admin

現代の住宅というのは、畳の部屋が少なくなっており、フローリングにしているところが多くなりました。フローリングも様々な素材のものがあり、無垢フローリングを導入するところが多いです。丈夫であり、また無難なものなのです。実際に一般家庭の多くで使用をしているというものなのです。材料も多いので、修理の際にも迅速に対応をすることが出来るというメリットがあります。またリフォームを行って、畳からフローリングにするということもあります。様々な場面で使うことが多くなってきているので、充分に確保されているという安心感があります。特殊なものをフローリング材として使ってしまうと、取り寄せ対応となってしまい、修理の際にも時間がかかってしまうというリスクもあるので、そのあたりのこともしっかり検討しておく必要があるのです。

メンテナンスが簡単な長持ち無垢フローリング

最近の住宅では掃除のしやすさやお部屋の模様替えのしやすさからフローリング床材が好まれる傾向があります。フローリングの種類は、フローリング風カーペットやフローリングパネルを敷き詰める簡易型の素材があります。これは元の床素材が畳やカーペットであってもその上にフローリング感覚で敷き詰めるものでビニール素材から表面木質素材のものまであり安価で手軽です。本格的なフローリングは合板に0.5ミリから2~3ミリほどの床材木板を張り付けた複合フローリングと、無垢の木板を使った無垢フローリングがあります。一般的な複合フローリングはそれぞれの木質の特徴を組み合わせて加工するので歪みなどの狂いが少なく比較的安価です。それに対し無垢フローリングは使用木材の癖が出やすいのですが、足あたりや柔らかく、年月を経て深い味わいが出てきます。複合フローリングでは深い傷がつくとささくれだった傷になりますが無垢フローリングでは傷の場所を削り簡単にメンテナンスが可能で長い目で見ればコストパフォーマンスはいいと考えます。

メンテナンスがしやすい無垢フローリングがお薦め

最近の住宅は掃除のしやすさ、バリアフリー仕様の普及などにより床材をフローリングにする割合が多くなってきています。フローリングの床材は一層以上の基材の表面に、0.3~2mm程度の厚さの化粧加工用の木材を張った複合フローリングと、無垢素材を使用した単層フローリングがあります。複合フローリングは集成材や特殊加工した化粧板を用い無垢材に比べ狂いが少なく安価ですが表面材が非常に薄いので表層を超える傷がつくと非情に現状復帰が困難になります。その点、無垢材は木材特有の狂いが生じますが無垢ならではの風合いとして好感度にとらえる方が多いです。無垢材の支持される点はその風合いとともに、深い傷がついた場合も合板ではない為傷ついた場所を鉋ややすりなどで削ることで容易にメンテナンスが可能なことです。初期費用は複合材に比べ割高ではありますが、風合いのある竹素材、楢などの硬い素材、コルクの柔らかい素材など、選ぶ木材により床の感触を変化させ楽しむことができ、無垢フローリングはメンテナンスのしやすさなどと合わせてぜひお薦めの床材と言えます。