プロフィールビデオと結婚式

プロフィールビデオの制作過程を学びます

納得のいく結婚指輪選び

Written By: admin

プロポーズをしてもらい、両家顔合わせが終わった後すぐに私の妊娠が分かりました。
そのため急いで結婚式の準備に取り掛かり、新婚旅行は念のためナシになりました。
新婚旅行の代金分、結婚指輪にお金をかけていいよと言う主人の提案に甘えて自分に納得がいくまで指輪選びをしました。
最終的にはエクセリコダイアモンドの指輪にしました。
少しVカーブがあり表の中心には小さいダイアモンドがいくつもあるものです。
それにしたの理由は2つあります。
1つ目は主人が内緒で用意してくれたエンゲージリングと重ねてつけても違和感がないからです。
プロポーズの時に準備していてくれたエンゲージリングはオーダーメイドで作ってくれたようでそこのお店では既成品の販売はしていないそうです。
ですからエンゲージリングに合う結婚指輪を探すしかなかったのです。
エンゲージリングがVラインのピンクダイアが1粒ある指輪だったので結婚指輪も同じラインのものにしたのですが、重ねてつけてたらピンクダイアがとても引き立ちます。
すごく気に入りました。
リングを2つつけることは滅多にないのですが、特別な時に一緒につけられる楽しみがあります。
2つ目の理由はリングの内側に文字の彫刻だけでなく誕生石を入れられたからです。
お店の人によると自分の誕生石や相手の誕生石を入れたり、2人の誕生石を入れる人もいるとのことでした。
私のお腹に赤ちゃんがいることをお店の人に話すと、赤ちゃんの誕生石を入れる人もいるとアドバイスをくれました。
それを聞いて私達は自分たちの誕生石と子供の出産予定月の誕生石を加えて3つの石を入れました。
これから家族3人になるという実感がより湧いてきましたし、いつも一緒にいるような気がしました。
子供が予定より早く生まれたり遅く生まれたりしたらどうしようかと心配も少しはしましたが結局は予定月に生まれてきてくれて、誕生石を入れた甲斐がありました。
しかし第二子が生まれた時は正直な気持ち仲間はずれのような気がしてしまいましたが三人目を産むと私の性格が図太くなったのか、その気持ちもすぐになくなりました。
それよりも、やはり三人分の誕生石を入れたことで、ふとした時思い出します。
結婚指輪を作った当時どれだけ子供の誕生を待ちわびていたかと。
三人の子育てに追われていると毎日が戦争で目まぐるしいのですが、その当時の気持ちを思い出させてくれて、子供に対する自分の行動を改めさせられます。
長く付き合う結婚指輪。
自分の納得のいくものに出会えて良かったと思います。