会計システムで固定資産管理してますか?

TOP > 会計システムの固定資産管理について > 会計システムの中でも固定資産管理は変化に対応できる柔軟さが必要

会計システムの中でも固定資産管理は変化に対応できる柔軟さが必要

システム管理する上で注意が必要なのは固定資産管理システムです。
固定資産管理システムは減価償却費のみ計算できればよい会計システムと位置されています。
ところが会計の中でも固定資産は大変特殊で制度の改正も多く、減価償却費などの数字に関して影響を及ぼす改正内容になっています。
会計以外にも法人税や固定資産時などの税務や現物管理が必要です。
固定資産は現物管理として棚卸をしていることが多いです。
資産が管理されていないと市区町村に申告をする償却資産税の金額が異なってきます。
監査のときには台帳と大きく異なる差異があったときには指摘されることになります。
現物管理は大変手間と時間がかかるため、ハンディーターミナルやRFIDを使って効率良く管理したいというニーズは少なくありません。


多くの企業では固定資産を管理するために資産番号を振っています。
ランダムに番号を振っているのではなく固定資産の担当者もシステム担当者もわかりやすくするため、意味を持って振っているケースが多いです。
固定資産管理システムは変化に対応できる柔軟さが必要になります。
制度の改正だけでなく、買収や企業内での再編など近年多くみられることから変化に対応できる強さが必要になります。
企業としては変化によって発生するコストは最小限にすることが求められます。
新たなビジネスに必要な設備投資によって減価償却費の対象項目が増加することもあるため、管理項目の設定は容易に設定できるようにしておく必要があります。
製造業では世界に進出している企業も少なくなく、グローバル化からシステム統合をする動きが増えています。


海外を視野に入れたシステム統合をするためには海外製のERPに統一を決めるケースが多いです。
ところが国ごとの制度の違いからERPで統一することは難しく、給与関連と固定資産に関しては国ごとの税制などがあり異なってきます。
ERPではそれぞれの国で対応できるロジックを追加することは大変複雑で難しく、計算ロジックをカスタマイズするためには大変コストがかかることになります。
給与関連と固定資産だけはERPにするのではなく、それぞれの地域に対応したパッケージソフトを使うかExcel管理を行っています。
固定資産を管理するソフトは大きく分けるとERPや会計システムそして単独システムの3種類です。
ERPは海外製品と国産製品があります。
会計システムは国産製品が対象です。
ERPに似ていますが規模は小さく会計システムと一体となっていて改正があったときなどの変化に弱いという特徴があります。
単独システムとは固定資産管理システムだけ他のシステムと切り離して稼働しているシステムのことです。
単独でシステム運用することによって、改正があっても改修作業の範囲を少なくすることができます。
また固定資産管理専用なので使い勝手の良さがあります。

▲ ページトップへ